2021年3月10日(水)
宮城県仙台市にて一社)日本水中ドローン協会では初となる
水中ドローン操縦体験会を開催いたしました。

当協会としても漁獲量日本2位を誇る宮城県での初開催を楽しみに仙台へ向かいました!
↑会場となったグランディ・21
※【グランディ・21】2001年に開催された第56回国民体育大会(新世紀・みやぎ国体)の主会場地区として整備された運動公園。
セントラルスポーツ宮城G21プールでは、2673人が収容でき、国際大会も行われる公認競技用プールです。

↑飛び込み台があり、水深5mプール
深さのあるプールで体験を行えるのは、なかなかありません!

共催のヒトロボ株式会社 村上氏のご挨拶

↑水中ドローンの機体・特徴を説明中

冒頭のご説明が終わった後は早速、水中ドローン操作体験のスタート!

今回は以下3種類の機種を体験していただきました。
(左から右)
CHASING社

CHASING M2 PRO
CHASING M2

QYSEA社
FIFISHV6s

【参加者の声】
・初めて水中ドローンを体験しましたが、想像以上に操作がしやすかったです。
・どんな産業に利用できるか見てみたかった。話を聞いてイメージが湧いてきました。
・空中ドローンと違い墜落の心配がないのは安心感がありました。
・楽しくてずっと操作していられる。もっと操作してみたかった。
・種類の違う機体を操作できて、違いを比べられて参考になった。

ご参加いただいた皆様は、水中ドローンに興味をとてもお持ちで、各機種ごとの特徴をご質問されたり、
今後想定される産業分野や実例についてご質問をされるなど、とても有意義な体験会を開催できました。
また共催として、ご協力いただきました【ヒトロボ株式会社様】では、
4月から、水中ドローン安全潜航操縦士認定講習がスタート予定です。

近日中に情報の公開も予定をしておりますので
宮城県で水中ドローンの知識・技術を身につけたい方はぜひ下記より、お問い合わせ下さい。
=====================
ヒトロボ株式会社
宮城県仙台市若林区卸町3-2-3 2F
TEL:022-290-3974
WEB:http://hito-robo.co.jp
=====================

一社)日本水中ドローン協会では水中ドローンの普及・発展の為に
今後もこのようなイベントを全国で開催していきますので、乞うご期待ください!
*コロナウイルス対策として、マスク着用・アルコール消毒、ゴム手袋など細心の注意を払い開催しております。