2021年7月30日(金)
福島県の南相馬にある福島ロボットテストフィールドにおいて、福島県消防保安課ドローン講習会の一環として全国的にも初となる水中ドローン講習会が開催されました。
当協会の認定スクール、水中ドローン福島校、東京校を運営する株式会社スペースワンにより講習が行われ、水中ドローンに初めて触れる消防隊員の方々が参加されました。


この講習会は、福島県内の消防関係者・市町村職員に向け、県の消防保安課主催により行われている空中ドローンの講習会で、今年度は、これから水難救助や災害など様々な状況での活用が見込まれる水中ドローンの講習が開催されました。


午前中には、既に活用が始まっている水中ドローンの活用事例などを紹介しながら、より実用的な座学講習が行われ、参加した消防隊員の皆様はメモを取りながら真剣に受講されていました。


午後からは同施設の屋内水槽試験棟大水槽に移動し実技講習が行われ、水中ドローンの基本的な操作方法や機体の説明などを受けたのち、実際に水中ドローンの操縦を行いました。



慣れない水中ドローンの取り扱いや操縦に最初は戸惑っていた受講者の方々も徐々に操縦に慣れ、水中ドローンの運用で重要になる操縦者とケーブル補助者の声掛けや確認については、普段の消防業務での連携を発揮し、スムーズな運用を行っていました。


講習の後半では、今後の水中ドローンの導入や活用の参考のために、マルチビームソナーやアームなど水中ドローンに搭載可能なオプションやアタッチメントについての説明が行われ、水中を見る、撮影するだけではない水中ドローンの活用方法について、実演を含めた説明に受講者の方々は熱心に聞き入っていました。
講習の最後には、アームを取り付けた機体で水中に落ちているペットボトルを拾う操縦に受講者の方がチャレンジし、ただ水中ドローンを動かすだけではない難しさについても体験し、1日の講習会は終了となりました。

昨今、水中ドローンは点検や調査などの業務、研究用途だけではなく、水難救助や災害時の捜索などでの活用でも注目されています。
今回、全国的にも初めての試みとして行われた消防関係者向けの水中ドローン講習会により、実際の現場で活動をされる方々が水中ドローンの特長や活用方法を知ることで、より有効な活用方法が模索され、導入と実践活用が進んでいくのではないかと期待しています。

日本水中ドローン協会では、
これからも各認定スクール様での活動をご紹介ししてまいります。